ProTools:セッション・テンプレートの利点と作り方

ミックスは時間との勝負です。事務的な作業に時間を掛けていては、クリエイティブな閃きがどんどん失われてしまいます。セッションファイルのテンプレートを作る事で、ミックスにおいても多くの時間をセーブでき、効率良く作業を進める事ができます。

用途別解説:リバーブ設定の基礎

現代的なレコーディングを補うために、ミックス段階でリバーブを使う事は一般的です。しかし、機種によっては多くのパラメーターを備え、初心者には分かりづらい部分が多いのも事実です。この記事では、目的別のリバーブ設定方法を見ていきましょう。

STUDERテープレコーダーの歴史:ウィリ・スチューダー

1912年、生まれて間もなく養子に出されたウィリ・スチューダーは、発明の力によって、世界中のスタジオでレコーディングの概念を覆しました。ザ・ビートルズやピンク・フロイドを魅了したテープレコーダーの裏側で、天才が辿った人生を「再生」しましょう。

Auto-Tune 8 の使い方

ボーカル補正やエフェクト・ボイスで有名な「Auto-Tune 8」。すぐれたソフトですが、操作方法にややクセがあるのも事実です。2つのモード、「オート」と「グラフィック」の使い方を、初心者にも分かりやすく解説します◎

コンプレッサーの使い方:アタック・リリースと音の関連性

コンプレッサーのアタックとリリースは、音楽のジャンルや作られた時代、時にはプロデューサーの個性まで雄弁に語る事があります。目指す音を形にする為に、今一度コンプレッサーの基本と向き合ってみましょう。